logo

御社のイベント運営をサポートします

ロングテールとは?サイトの訪問者数を増やす方法について解説

6月 29, 2018

0

ロングテールとは?サイトの訪問者数を増やす方法について解説

ロングテールについて

ロングテールとは、通販サイトを見る場合に、人気商品よりも、それ以外のニッチなあまり売れないような商品の方が、売り上げが高い現象を意味します。
通常の実店舗であれば、売れ筋商品が全体の2割を占めており、その2割の売れ筋商品が売り上げの8割を占める場合が多いです。
これはよく言われる、パレートの法則などに当てはまる事例です。

逆にロングテールは、売れないようなニッチな商品が売り上げを支える現象となっており、それは売れ筋でない8割のニッチ商品が広く浅く売れることを意味しています。
ロングテールの売り方は、Amazonの登場によって、そしてネットの通販という商品を無限に販売できることにより実現しました。

Amazonというと、膨大な数の商品が売られており、月に1個しか売れないような商品も膨大にあります。
しかし、そのような商品を広く浅く売れば、塵も積もれば山となり、膨大な売り上げとなって、最終的に限られた数の人気商品よりも売り上げが上がるのです。
言い換えれば、数打てば当るというような考えかもしれません。

ただロングテールとなる商品は、その通販サイトに数個しか在庫を抱えることは出来ず、人気商品のように大量に確保すると、在庫不良となり、一気に赤字となります。
そのようなニッチ商品の中でも、ときには人気商品になることもあるので、在庫をすぐに補充できるようなところでないと、爆発的な売り上げには繋げられません。

ロングテール戦略を成功させるポイント

実店舗でも、売り場面積を広大にして、ニッチ商品を膨大に揃えれば、ロングテール戦略は可能です。
ただこれがネットの通販サイトとなると、検索エンジンの上位に表示されるページを大量に持ち、定期的にニッチ商品ページが増える仕組みを作らないとなりません。

通販サイトでも、お客さんの入り口はGoogleで検索してアクセスするのがメインとなるので、どれだけ多くのページが対象とするキーワードで上位に表示されるかが重要です。
ただ現在の通販サイトというと、商品ページはその商品の名前や型番が、検索エンジンでのキーワードとなります。
他の通販サイトも、それほどSEO対策をしていないので、アフィリエイトサイトなどと比べると、SEO対策は楽です。

そして重要なのは商品ページを増やすことであり、増やすことによって、通販サイトの入り口が広がります。
SEO対策を施しておけば、商品ページを作れば確実に通販サイトの入り口となり、お客さんを獲得しやすくなります。
いくら商品ページを増やしても、検索エンジンで狙ったキーワードで上位に表示されないと、入り口としてのページにはならないので、まずはSEO対策が最初に行うべきことと言えます。